レーヨンの季節や時期はいつからいつまで?適した温度やタイミング

この記事は3分で読めます

真夏の暑さを少しでも快適にするための服の組み合わせには頭を悩まされますね。

 

Tシャツ、ポロシャツ、半袖のブラウスなどなど・・・男女問わず、涼しく過ごすための服は色々あります。しかし形状だけではなく、素材から選んでみるのはいかがでしょうか。

 

今回は化学繊維の中でも歴史のあるレーヨンについて取り上げてみます

 

レーヨンの季節や時期はいつからいつまでなのか、適した温度や、着るタイミングなどなど、レーヨンの服にまつわるアレコレを集めて来ました。

 

夏服選びの参考に、ぜひご覧ください!

Sponsord Link

レーヨン素材を着る最適な季節は?

レーヨン素材の衣服は一年中販売されていますが、リネン、コットン、シルクと並び夏服の定番素材となっています。

 

素材に肌に触れるとひんやりとする涼感効果があるためです。また、吸水性が高いので汗を良く吸ってくれるというところも、夏に向いている理由の一つです。

 

その生地の特性を生かして、衣服だけではなく例えば夏用の枕・布団のカバーにも良く使われています。

 

また、繊維が弱酸性なので汗のアンモニア臭を中和してくれる効果があります。これは、素材に何か加工をしているわけではなく、レーヨンそのものに消臭性があるのです。

 

レーヨン生地は暑い?寒い?

レーヨンは人絹(人口絹糸)と呼ばれシルクに近い肌触りが特徴です。さらっとしているので、涼しさを感じることができます。

 

先に挙げた通りで、シルクも夏の定番素材となっています。

 

シルクのパジャマも夏には涼しいですよね。

 

レーヨンは熱伝導性が高いので、こちらもひんやりとした感覚を助長しています。

 

その素材が暑いか寒いかというと・・・素材の環境に依存するので一口にどちらかということが出来ません。

 

水を良く吸い、速く乾くという点では「涼しい素材」です。

 

 

水を良く吸い、乾く時に発熱する、という点では「暖かい素材」でもあります。

 

涼しさもあり、冬の防寒の助けにもなる素材ということですね。

 

Sponsord Link


 

いつからいつまでの時期が適している?

レーヨン単体での服は、高い吸水性と涼感効果から、やはり春から夏に適した素材と言えます。

 

ドレープ性といって、ふんわりした効果をつけやすい性質を持っています。

 

上着を着ることがなくなり、ブラウスやカットソーのみで過ごすような時期になってくると、高いデザイン性を上着に邪魔されることなく見せられるという点でも、やはり多少暖かくなってから、寒くなるまでが適していますね。

 

しかし、レーヨンには水を吸うと弱くなるという性質があります。多量の汗で傷んでしまったり、家庭の洗濯機で水洗いをして傷んだりということもあります。

 

僕も以前レーヨンの入ったストレッチジーンズを洗濯機にかけてダメにしたことがあります(気に入っていたので悔しかった)。

 

衣服としては夏に効果を発揮しますが、取り扱いには注意しないといけない、といったところがポイントです。

 

レーヨンの生地や厚さによって着るタイミングは変わる

レーヨンはオールシーズン、つまり一年を通じてその素材を利用した服が売っています。

 

薄手のものなら汗をかく時期を涼しく過ごすための服、厚手のものなら秋〜冬向けのとなります。

 

ユニクロのヒートテックに代表される「吸湿発熱肌着」の素材はレーヨンです。薄手の生地に高い吸湿性と、発熱性。しっかりと暖をとってくれます。

 

重ね着することが前提の肌着のため薄手のものが多い印象ですが、より暖かい厚い生地のものも販売されています。
 

レーヨン素材の適した温度や湿度について

薄手のものなら、25度〜35度以上でも、十分涼しさを感じることができます。

逆に低い温度では、レーヨンのみで暖をとるのは難しく重ね着が必要です。

熱伝導性に優れているので、寒い季節はそれだけ冷えや寒さを感じさせてしまいます。

服を着ている時に湿度が95%を超えると吸湿性が格段に上がるので、高い湿度になると効果を発揮してくれます。

 

まとめ

以上、レーヨンの季節や時期、着るタイミングを調べて来ました。

 

夏の定番素材ではあるものの、用途を変えて冬にも使われる、万能素材だということがわかりました。

 

その中でも涼感効果と優れた吸水速乾性は、夏服には欠かせないポイントですね。

 

暑い夏を少しでも涼しく乗り切るためにも、積極的に取り入れたいものです。

 

服を買いに行くと、ついついTシャツであるとか、半袖であるとか、形状だけで探してしまうものですが、こうやって素材に注目して探してみることで、選択肢が広がり、さらに涼しさをアップさせることができますよ。

 

まだまだ暑い夏が続きます。快適な夏服で、涼しく過ごしましょう。

 

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピーチがパイロットを養成!募集要項や訓練期間は?費用もチェック!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP